三国志学会

 狩野直禎先生記念 三国志学会賞
○規定
  1. この賞は狩野直禎先生記念 三国志学会賞とする。
  2. この賞は三国志学会が、初代会長狩野直禎先生を記念して制定し、 わが国の三国志研究に従事する学者の業績を顕彰して、その研究を奨励し、斯学の発展に資することを目的とする。
  3. この賞は前条の目的を達成するために次の基準に基づき本賞(賞状)および副賞(奨励金)を授与する。
  4. (1)授与資格 三国志学会会員であること。
    (2)授与対象 最近2年以内に、三国志研究に関する書籍で示された優秀な業績。
    (3)人員・金額 一年一名とし、本賞および副賞(奨励金5万円)を授与する。 但し、該当者がないときには授与しない。
    (4)選考 授与候補者の選考は、三国志学会の会長が行う。
  5. この賞の授与は当該年度の大会において行う。

  6. 2018年9月15日制定
 受賞者・受賞作
【第二回】2019年
  • 牧角悦子  受賞理由
    『経国と文章 ―漢魏六朝文学論―』(汲古書院、2018年)
  • 伊藤晋太郎  受賞理由
    『「関帝文献」の研究』(汲古書院、2018年)

【第一回】2018年
  • 仙石知子  受賞理由
    『毛宗崗批評『三国志演義』の研究』(汲古書院、2017年)
Copyright (C) 2006- 三国志学会. All Rights Reserved